「脇脱毛は痛くない」か、試してみましょう

脇脱毛は、身体の部位の中でもVIO脱毛と並んで痛みを感じやすい部位です。でも最近は「痛くない脱毛器・脱毛法が次々と開発されて、クリニックでも痛くないところも出てきました。とにかく「痛いのは苦手」という方もいらっしゃるでしょう。今回は「痛くない脱毛」に焦点を絞ってみました。

〈痛みを感じやすい部位〉
痛みの感じ方は、全身一律ではなく、皮膚の状態・毛の生え方等によって変わってきます。一番痛みを感じやすいのは、脇やVIOゾーンなどの、ムダ毛が濃くて太い部分です。ムダ毛が濃くて太い部位は、普段はムダ毛に守られている皮膚の柔らかい部分ですので、皮膚が負担を感じやすいようです。
脱毛は「ムダ毛の毛根にレーザーや光を照射して、毛穴から次の毛が生えてくるのを防ぐ」ことです。濃いムダ毛の場合は、効果がしっかり届くようにレーザーの照射出力が高く設定されていて、また濃い毛はレーザーに反応しやすいために痛みを感じやすいです。ただ、使用する機器や毛の生え方によって痛みや感じ方に個人差があります。痛みが強いといわれる部位でも必ずしも痛いとは限りません。特にサロンで脱毛する場合は「痛みをほとんど感じなかった」という人が圧倒的に多いです。

〈痛みに弱い人におすすめのサロン・ディオーネ〉
脇は、痛みを感じやすい部位でもあります。他の部位で痛みを感じなくても脇では痛さを感じる人もいるでしょう。痛みに弱い方には「ディオーネ」をおすすめします。
【ハイパースキン法】
ディオーネの脱毛方法は「ハイパースキン法」と呼ばれる方法です。一般的なサロンやクリニックでの脱毛は、今生えている毛の毛根に黒いものに反応する光・レーザーをあてて破壊する脱毛方法ですが、ハイパースキン法では、毛が抜けた後の生える前の「毛の種」に特殊な光をあてて発毛そのものを予防する新しい脱毛方法です。高熱のレーザーで毛根を刺激しませんので痛みはありません。さらにハイパースキン法であてる光には肌内部でコラーゲンの生成をサポートする「フォト美顔」の光が3割含まれているので脱毛しながら美肌になれます。
痛みなし、肌ダメージなしのハイパースキン法では、今まで脱毛が難しかった敏感肌の方や子どもでも脱毛が可能です。ちなみにディオーネでは3歳のお子様から脱毛可能です。
【本当に痛くないか試してみましょう】
現在自分で選べる20か所を1回3000円で脱毛体験できます。また脇脱毛12回24,000円のコースがあります。

〈ミュゼの脱毛も肌にやさしい〉
ミュゼプラチナムの脱毛方法も、肌に優しく、痛みがほとんどないと評判です。
【S.S.C.方式】
ミュゼの脱毛は、ジェルの上からライトをあてて脱毛するS.S.C方式(Smooth Skin Control方式)です。安定したライトと、ジェルに含まれている成分によって肌を傷めずにスピーディにお手入れをすることが出来ます。トリートメントには独自開発のプラセンタエキス配合のミルクローションを使用しているため、美肌効果も期待できます。
サロンで採用されている他の方法よりも痛みの心配がなく、短時間でお手入れできるといわれてます。費用も低価格になります。脱毛ラボも同じ脱毛方式です。
【脇脱毛はミュゼがお得です】
ミュゼは「両わき・Vライン通い放題+全身から2か所選べる」プランが300円(税抜き)です。初めての方限定ですが、お試しで満足するまで通い放題ですので試してみる価値ありでしょう。

〈ジェイエステティックの脱毛も肌に優しい〉
ジェイエステティックの脱毛は「冷光ヒアルロン酸スーパー脱毛」という方法で熱さや痛みをほとんど感じることなくお手入れ時間も短くなっています。ヒアルロン酸トリートメント付きで脱毛と同時に美肌効果が得られます。
ジェイエステティックは初めての方限定で「両わき完了12回+選べる3か所」プラン300円(税抜き)です。通い放題ではありませんが、12回で満足できなかった場合は5年間無料でアフターケアを受けられる保証付きです。300円は十分にお得です。

〈痛くないのはサロン脱毛〉
脱毛するにあたっては、「なるべく短期間で」とか「痛くない脱毛で」「とにかく安いところで」等と自分の中で様々な希望があるでしょう。脇脱毛は他の部位より痛みの感じやすいところです。「痛くない脱毛」を最優先させる場合は、医療レーザー脱毛よりサロン脱毛をおすすめします。とくに今回紹介しましたサロンの脱毛は「痛くない」+低料金になっていますので、是非お試しください。

参考:ワキ脱毛部.com

標準

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です